ヤフーカードは学生でも申し込める!家族カードはつくるべき?

Yahoo! JAPAN カードは学生でも申込める

ヤフーカードは高校生を除く18歳以上の大学生や専門学生,短大生も申し込むことができます。

審査に関してはアルバイトをしていなくても申し込むことができるので,社会人ほど審査が厳しくないのが特徴です。

年会費も無料なので,学生にも使いやすいクレジットカードだと言えます。

また,学生は友達と食事に行ったり,旅行をしたりする機会も多いのではないでしょうか。そ
のときにヤフーカードで支払いをすれば,Tポイントが貯まります。貯まったTポイントはインターネットでショッピングやTSUTAYAなど様々なところで使えるので,学生にとっても有効活用できるでしょう。

また,ヤフーカードは学生の方が申し込みをする際にいくつか注意点があります。まず18歳?19歳の未成年の方もカードを作ることは可能ですが,親権者の同意が必要になります。他には運転免許証や健康保険証などの身分証明書と本人名義の銀行口座を事前に用意しておきましょう。

また,学生は審査に通過しやすいですが,過去に携帯電話の支払いで延滞して,ブラックリストになっていると審査に落ちてしまいますので注意が必要です。ヤフーカードを作る場合は,申し込み条件と過去に延滞事故がないかということをしっかり確認してから申し込みをすることが大切です。基本的に学生の方は申し込み条件をクリアして,過去に延滞事故がなければ審査は通過しやすいでしょう。ぜひ学生の方はヤフーカードの利用を検討してみてください。

Yahoo! JAPAN カードの家族カードにするべきか?

ヤフーカードには本会員カードの他にも家族カードがあります。家族カードとは,例えば旦那様が本会員だとすると,その奥様がヤフーカードの家族カードを持てるということになります。

奥様がショッピングで家族カードを利用した場合,その利用代金は本会員である旦那様の金融機関口座からまとめて引き落としされます。

そのため,家計をまとめて管理することが可能です。また,家族カードを利用して発生したTポイントは,本会員である旦那様のカードに集約されて貯まるようになっています。奥様が Tカードとして利用した場合は,そのまま奥様の家族カードにTポイントが貯まります。

申し込みは高校生を除く18歳以上で,本会員と生計を共にする同居している家族が条件になります。また,本会員が学生や未成年の場合は,家族カードは発行できません。申し込み方法は,コンタクトセンターに電話して申し込みをするか,本会員カード発行後に会員サービスメニューから申し込みすることが可能です。

家族カードは家計をまとめて管理できて,Tポイントも家族で貯めることができて便利です。

しかし,家族カードを持つより,本会員カードを作った方が有利です。なぜなら,キャンペーンでヤフーカードの入会時に貰えるTポイント数が家族カードで申し込むより本会員として申し込んだほうが多いからです。家族カードの場合は入会で1000ポイント,さらにキャンペーン期間内にヤフーカードを利用すれば1000ポイント貰えるので合計2000ポイントになります。本会員の場合は,入会してカードをキャンペーン期間内に利用すれば合計8000ポイント貯まるので,家族カードより6000ポイントも多く貰えることになります。そのため,家族カードより本会員カードを持ったほうが有利だと言えます。また,家族カードを利用した場合は,Tポイントは本会員カードに貯まるので,使うときには本会員の方に相談する必要があるでしょう。そのため,自分で貯まったTポイントを管理して,自由に使いたい方は本会員カードを利用することをおすすめします。本会員カードを申し込むと入会時にたくさんTポイントを貰えて,Tポイントも家族に許可なく自由に使うことができます。必ず家族で家計やTポイントをまとめる必要がないという場合は,ぜひ本会員カードを検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です