ファミマTカードとTカードプラスの審査について

ファミマTカードの審査はどんなものか

Tポイントは提携店も多いため,貯めているという人もたくさんいることでしょう。

Tポイントを貯めるなら,クレジット機能が付いていないTカードより,クレジット機能付きのTカードを使用するほうが,ポイントが貯まりやすいのでお得です。

クレジット機能付きのTカードは提携各社が発行していますが,どの会社が発行しているカードが審査に通りやすいのでしょうか。

まず,ファミリーマートが発行しているファミマTカードの審査について,紹介していきます。

コンビニが発行しているクレジットカードは,流通系クレジットカードと呼ばれているものです。

この種類のカードは,たくさんの人にお店を利用してもらうことを重視しているため,審査の基準を低く設定しています。したがって,ファミマTカードの審査のハードルも,そう高くはありません。

クレジット機能付きのファミマTカードは,高校生を除く18歳以上の人なら申し込みが可能です。学生で収入がなかったり,安定していなかったりする場合でも,親権者の収入が安定していれば審査に通ることができます。未成年である場合は親権者の同意が必要にはなってきますが,学生にとっては比較的申し込みやすいカードといえるでしょう。

自身の収入がない専業主婦の方も,配偶者が安定した収入を得ていれば,申し込みをすることができます。パートやアルバイトも継続的な収入を得ており,返済能力があれば申し込み可能です。年金受給者も,年金収入を年収として審査されるので,発行しやすいです。また,クレジットカード審査に通りにくいとされている自営業者の方も,ファミマTカードなら審査に通りやすくなっています。

審査基準には,年収がこれだけないといけないといった明確なラインはないようです。年収よりは,継続して安定した収入を得ているかどうかが重要視されているといえます。

しかし,安定した収入を得ていたとしても,審査に落ちてしまうこともあります。それは,短期間で複数枚のクレジットカードを作っていたり,支払いを延滞していたりする場合です。お金に困っている人だとみなされ,警戒されてしまうようです。

審査結果は,自宅にカードが郵便で届いた時にわかります。審査に通った場合はクレジット付きのカードが届きますが,落ちた場合もクレジット機能が付いていないファミマTカードが届くのです。

また,申し込みを行ってからカードが届くまでの日数は,申し込み方法によって異なります。インターネットで手続きをした場合は手続きした日から2~3週間,郵送の場合は必要書類の投函から4週間ほどです。

会社に本人確認の電話がかかってくることは,ほとんどありません。しかし,固定電話や携帯電話に連絡しても本人となかなか連絡がつかない場合には,かかってくることもあります。

Tカードプラスの審査はどんなものか

では,TSUTAYAが発行しているTカードプラスの審査は,どんなものなのでしょうか。

Tカードプラスは,アプラス・オリコ・ポケットカードという3つのカード会社が発行しています。これらの信販会社が発行しているカードは,銀行系のクレジットカードの次に審査のハードルが高いといえます。また,同じTカードプラスでも,発行会社によって審査難易度も異なっており,アプラスの審査基準が一番高いです。

審査にかかる期間はどの会社を選んでも長めで,カードが届くまでに約1ヶ月かかります。本人確認書類を運転免許証にすることや,キャッシングを希望しないことが審査期間を短縮するコツです。また,郵送ではなくインターネットで申し込みをした方が,審査期間が短くなります。しかし,どれだけスムーズにいったとしても,2週間はかかると思っておきましょう。

Tカードプラスの審査に落ちる原因には,様々なものがあります。たとえば,信用情報機関に延滞情報や自己破産情報が登録されている場合は,審査に落ちてしまいます。短期間に複数枚のクレジットカードを作った人や,申し込み時に虚偽の内容を申告している人もカードを作ることができません。また,Tカードプラスを発行する時には,会社に在籍確認の電話がかかってくることがあります。その時に確認がとれなかった場合も,審査に落ちてしまいます。

Tポイントが貯まるクレジットカードで,一番申し込みやすいカードはずばりYahoo!JAPANカードです。Yahoo!JAPANカードは,高校生を除く学生なら申し込みが可能となっています。世帯の年収合計額を書くので,学生でも審査に通りやすいです。申し込む時に本人確認書類が不要であり,本人確認の電話が会社にかかってくることもありません。カードも申し込みから1週間~10日ほどで届きます。

また,家族カードの設定ができるのも,Yahoo!JAPANカードの魅力です。たとえば,家族でそれぞれ自分のYahoo!JAPANカードを持っているとします。家族カードの設定をすると,それぞれがクレジットを利用した場合,1枚の本会員カードにまとめて全員分が請求されるのです。クレジット利用分のポイントは本会員カードに付与され,現金払いで獲得した分のポイントはそれぞれの家族カードに貯まります。

Yahoo!JAPANカードは年会費無料で,ポイント還元率も1%です。YahooJAPANIDを持っていれば申し込みをすることができ,IDも無料で簡単に発行できます。Yahoo!JAPANカードなら簡単に作れるので,Tポイントを貯めている人は作ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です