Tポイント 貯める カード 比較

【記事の目的】
使いやすさとTポイント還元率から,
おすすめのクレジットカードを見つけること。

【結論】
「Yahoo! JAPAN カード」が一番おすすめ。

【キーワード】
Tカード一体型クレジットカード
ポイント2重取り
年会費 永年無料

Tポイントが貯まるクレジットカードを比較:還元率とおすすめ【2018年度】

Yahoo!JAPANカードのメリット
  • 「ポイントサービス利用1位」「貯めやすさ満足度1位」(※1)のTポイント。
  • Tカード一体型クレジットカードでさらに貯めやすく。
  • クレジットカード払い 100円ごとに常時1ポイント還元は同種カードで最高クラス。比べてみれば納得。
  • Tポイント提携先で使えば,ポイント2重取り(通常Tポイント+クレジットポイント)OK。
  • 年会費永年無料で安心。
(※1)マイナビニュース 2017/01/26 13:17:14,https://news.mynavi.jp/article/20170126-a207/

Tポイントが貯まるクレジットカードの種類

Tポイントが貯まるクレジットカードには,大きく分けて2種類あります。

クレジットカードの種類(Tポイント関連)
  • Tカード一体型クレジットカード
    (=クレジット機能付きTカード)
    Yahoo!JAPANカード,ファミマTカード,Tポイントプラス など
  • 獲得したポイントをあとからTポイントに交換できるクレジットカード
    オリコカードTHE POINT,JCBカードW,三井住友VISAクラシックカード など

Tポイントの貯めやすさ,管理のしやすさ,使いやすさを考慮すると,Tカード一体型クレジットカードがおすすめです。

また,Tカード一体型クレジットカードの中でも,Yahoo!JAPANカードのポイント還元率は最高クラスです。

Yahoo!JAPANカードのポイント還元率は「ポイントをあとからTポイントに交換できるクレジットカード」と比較した際にも優位にあります。

【参考】Tポイントが貯まるクレジットカードの種類(さらに詳しく)

Tポイントが貯まるクレジットカードを比較する

表1. Tポイントが貯まるクレジットカード 比較表(Tカード一体型)


Yahoo! JAPAN カード
ファミマ Tカード Tカード プラス
申込サイト
決済ブランド VISA
Master
JCB
JCB VISA
JCB
年会費 永年無料 永年無料 初年度無料
次年度以降500円
(前年にカード利用があれば無料)
ポイント還元 1%
1pt / 100円毎
0.5%
1pt / 200円毎
0.5%
1pt / 200円毎
ポイントアップ 3%(※2)
Yahoo! ショッピング,ロハコ
0.5% or 1% or 1.5%
(ファミランクごと)
ファミリーマート
1.5%
TSUTAYA

(※2)「クレジットポイント(通常のTポイント)1% 」+「Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント(期間固定Tポイント))1% 」+「ストアポイント・LOHACOポイント(通常ポイント)1% 」の合算として。(Yahoo!JAPANカード公式サイトで詳細を読む

表1.で,主なTカード一体型クレジットカードとして「Yahoo!JAPANカード」「ファミマTカード」「Tカードプラス」を挙げ,クレジットカードの優位性を決める4つの項目について比較を行いました。

表にある通り,「Yahoo!JAPANカード」は「決済ブランドの多様性」「年会費」「ポイント還元率」「ポイントアップ率」の4項目すべてで優位なクレジットカードとなっています。

クレジット機能付きTカード
http://tsite.jp/pc/r/card/credit/crelist.pl

[expand title=”【参考】上記以外のTカード一体型クレジットカードについて(さらに詳しく)“] 上記以外のTカード一体型クレジットカードとして,「マジカルクラブTカードJCB(発行:ニッセン)」「富士シティオTカードプラス(発行:富士シティオ)」「カメラのキタムラTカードプラス(発行:カメラのキタムラ)」などがあります。これらはいずれも年会費は無料で,基本的にはポイント還元率が0.5%(200円毎に1pt)です。

条件により,それぞれの小売店に特化したポイントアップ等のインセンティブがありますが,基本的な特性はほぼ「Tカードプラス」と同じです。

Tカード一体型クレジットカードを1枚だけ選ぶなら,汎用的に使えてポイント還元率も高いYahoo!JAPANカードが,やはりおすすめです。
[/expand]

Tカードとクレジットカードは併用できる

Tポイントをダブルで貯めたいなら「一体型カード」がおすすめ

Yahoo! JAPAN カードなら,Tポイント提携先で「通常のTポイント」と「クレジットカードのポイント」を二重に貯めることができます。

Tポイント提携先では,Tカードとクレジットカードを併用することができます。

つまり,Tカードを提示した上でクレジットカード払いにすれば,1回の買い物で「通常のTポイント」と「クレジットカードのポイント」をダブルで貯めることができます。

Yahoo! JAPAN カードは,クレジットカードにTカードの機能を一体化させた「Tカード一体型クレジットカード」で,1枚でTカードとクレジットカードを併用していることになり,大変便利です。

Yahoo! JAPAN カードなら,Tカードの処理とクレジットカードの処理が一度に済むので,レジがスムーズです。

また,Yahoo! JAPAN カードはTカード一体型なので,Tカードに対して支払時に付与される「通常のTポイント」と,クレジットカード払いに対して引き落とし時に付与される「クレジットカードのポイント」が,2重取りできます。

【参考】Tポイントとクレジットポイントがダブルで貯まる「一体型カード」って何?

「Tカードの提示」+「クレジットカード払い」でポイントを2重取り

Tカードとクレジットカードの併用で,通常のTポイントとクレジットポイントを2重取りできますが,「Tカード一体型クレジットカード」であるYahoo!JAPANカードなら,ポイント処理がとてもスムーズです。

レジでYahoo!JAPANカードを1枚出せば,Tカードを提示したことになるので,提携先であれば該当するTカード番号にポイントが付与されます。その後,クレジットカードの請求金額確定とともに,クレジットカードのポイントとして,もう一度Tポイントを獲得することができます。

つまり,Tポイントに統一された形で,ポイントをダブルで貯めることができるのです。


図1. 「Tポイントがダブルで貯まる場合」のイメージ

ファミマTカードとYahoo! JAPAN カード,どっちでTポイントを貯める?

ファミマの支払いでも,Yahoo! JAPAN カードがおすすめ

Tカード一体型クレジットカードとしては,ファミマTカードも有名です。

表1.で比較した通り,基本的にはYahoo! JAPAN カードに優位性がありますが,「ファミマをよく使う人」にとっては,ファミマTカードとYahoo! JAPAN カード,どっちでTポイントを貯めるのが良いのでしょうか?

ファミマTカードでのポイント付与がYahoo! JAPAN カードの1%よりも多くなるためには,ファミランクが「ゴールド」(ポイント1.5%付与)である必要があります。

この,ファミランク「ゴールド」を維持するためには,ファミリーマートで毎月15,000円以上の買い物を続ける必要があります。

1日あたり500円,月に25日買い物をしても,500円/日×25日/月=12,500円ですので,毎月15,000円以上というのは,結構高いハードルです。

これに対して,Yahoo! JAPAN カードなら,毎月の購入金額にかかわらず1%のTポイント付与があります。

特別な事情があって,よほどのファミリーマートヘビーユーザーでない限り,「ファミマは割とよく使うよ」程度であれば,ファミマでもYahoo! JAPAN カードで支払いをした方が有利になるでしょう。

Yahoo! JAPANカードはETCカードもつくれる

Yahoo! JAPANカードのETCカードは,年会費が必要

Yahoo! JAPAN カードは,それと紐づいたETCカードも,申し込むことができます。

ETCカード利用代金は,Yahoo! JAPAN カードの他の利用代金と合わせての支払いとなります。

ETCカード利用代金に対しても1%分のクレジットポイント(Tポイント)が付くこと,Yahoo! JAPAN カード1枚に対してETCカードが5枚まで申し込めることがメリットです。

ただし,Yahoo! JAPAN カードは年会費が永年無料ですが,この付帯ETCカードには,1枚あたり年会費540円(税込)が掛かってしまいます。

ETCを年54,000円以上使えば,Tポイント付与が年会費を上回る計算ですが,年会費無料のETCカードは他にあるので,Yahoo! JAPAN カードでは無理にETCカードを付帯させる必要はないでしょう。

クレジットカードの還元率をTポイントで比較

クレジットカードの還元率をTポイントで比較してみた

カード名
Yahoo! JAPAN

カード
Orico Card
THE POINT
JCB CARD W Orico Card
THE POINT
PREMIUM GOLD
三井住友VISA
クラシックカード
三井住友VISA
ゴールドカード
基本還元率
(Tポイント換算)
1.00 % 1.00 % 0.80 % 1.00 % 0.45 % 0.45 %
Tポイント
交換の制約
直接付与 Webでの操作が必要
1,000ポイント以上
1,000ポイント単位での交換
Webでの操作が必要
500ポイント以上
100ポイント単位での交換
Webでの操作が必要
1,000ポイント以上
1,000ポイント単位での交換
WEBでの操作が必要
200ポイント以上
100ポイント単位での交換
WEBでの操作が必要
200ポイント以上
100ポイント単位での交換
年会費 永年無料 永年無料 無料 1,950円
(税込)
1,350円
(税込)
(条件付無料)
10,800円
(税込)
ポイント名
(Tポイント
交換比率)
Tポイント オリコポイント
1ポイント=1Tポイント
Oki Dokiポイント
1ポイント=4Tポイント
オリコポイント
1ポイント=1Tポイント
ワールドプレゼント
1ポイント=4.5Tポイント
ワールドプレゼント
1ポイント=4.5Tポイント
(URL:
Tポイント
関連)
LINK LINK LINK LINK LINK LINK

Tカードの種類とクレジット機能の有無について

ポイント還元率を重視するならクレジット付きがおすすめ

今あるTカードから別のカードに,Tポイントを移行する方法

Tカードを2枚以上もって

【参考】Tカードポイント移動手続き(Tポイント公式ページ)

Tカードプラスの解約について

ttt

TポイントとTカードに関するキャンペーン一覧

TポイントとTカードに関するキャンペーン一覧はこちらから
キャンペーン(Tポイント公式ページ)
http://tsite.jp/cp/index.pl?cp_syubetu=2&page=2

ttt